ニュース・セミナー

現在位置
トップ > ニュース・セミナー > ニュース > リアルコム、茨城県潮来市にて14メガワットのソーラー発電プロジェクトに参画
~パネルの供給に加え、ソーラー発電所運営事業にも参画予定~

リアルコム、茨城県潮来市にて14メガワットのソーラー発電プロジェクトに参画
~パネルの供給に加え、ソーラー発電所運営事業にも参画予定~

2012年11月15日

リアルコム株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:市瀬 厚)は、株式会社リサイクルワン(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:木南 陽介)、ミツウロコグリーンエネルギー株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:二見 敦)と共同で、メガソーラー設置運営事業を推進する事を潮来市と合意しました。

本事業は、茨城県潮来市にある「道の駅いたこ」に隣接する企業誘致用地を活用します。今回建設する発電設備の発電出力は約1万4千キロワットで、想定年間発電量は約1,470万キロワット時となり、一般家庭の約4,000世帯の年間使用電力量に相当します。また、本事業の一環として蓄電池(容量7.2キロワット時)を「道の駅いたこ」に設置し、「道の駅いたこ」の防災拠点化を図る取り組みも併せて実施する予定です。

当事業において、当社子会社のWWB株式会社がソーラーパネルの提供を行う事につき、事業運営会社である株式会社水郷潮来ソーラーと合意済みであります。また、同社に対しては当社より出資を行う予定です。

当社は、本共同事業を通じて太陽光発電による環境ビジネス実現を通じた地域活性化に寄与するとともに、本共同事業より獲得したノウハウ、ネットワークを活用する事でメガソーラー事業の一層の拡大を図って参ります。

 水郷潮来ソーラーイメージ図(潮来市プレスリリースより)

水郷潮来ソーラーイメージ図

【計画概要】

発電所名水郷潮来ソーラー
所在地 茨城県潮来市前川1298-1他
開発規模 14,000kW (14MW)
想定年間発電量1,470万kWh 
(一般家庭4,000世帯分の年間使用電力に相当)
CO2削減量年間5,500トン程度
工事着手平成25年3月(予定)
運転開始予定平成25年12月(予定)
開発敷地面積約17万㎡
発電事業者名株式会社 水郷潮来ソーラー(SPC:特定目的会社)

■ 本件に関するお問い合わせ先:
リアルコム株式会社 コーポレートコミュニケーション担当 山本(やまもと)
Tel:03-6864-4001 / FAX:03-6864-4002

リアルコム、リアルコムロゴはリアルコム株式会社の登録商標です。
その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。