ニュース・セミナー

現在位置
トップ > ニュース・セミナー > ニュース > ユーザー企業に最適なエンタープライズサーチ製品選定を支援するワークショップを開催

ユーザー企業に最適なエンタープライズサーチ製品選定を支援するワークショップを開催

2007年11月12日

リアルコム株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長CEO 谷本 肇、www.abalance.co.jp)は、2007年11月よりユーザー企業に最適なエンタープライズサーチ製品選定を支援する「エンタープライズサーチ選定支援ワークショップ」を開始します。

リアルコムは、これまでに培った様々なエンタープライズサーチ製品の企業への導入・コンサルティングの提供といった経験を活かし、エンタープライズサーチ導入を検討する企業が効率的に適切な製品を選定できるサービスを開発しました。また、「エンタープライズサーチ・コンピテンシーセンター」を開設、各種エンタープライズサーチ製品の検証環境を構築しました。

これらの成果をもとに、2007年11月より「エンタープライズサーチ選定支援ワークショップ」を定期的に開催します。
ワークショップでは、参加者の要件に最適なエンタープライズサーチ製品の選定を行います。また、参加者はエンタープライズサーチ・コンピテンシーセンターの環境にアクセスすることで、各エンタープライズサーチ製品の特長を実際に体験することも可能となります。また、参加企業に対して選定後の製品の販売も行います。

■選定対象となるエンタープライズサーチ製品

  • グーグル「Google検索アプライアンス」
  • ジャストシステム「ConceptBase」
  • アクセラテクノロジ「Accela BizSearch」
  • ビビシモ「Vivisimo Velocity」
  • ファストサーチ&トランスファ「FAST ESP」
  • 他、大手ベンダー1製品

※対象となるエンタープライズサーチ製品は、適宜追加する予定です。

■ワークショップ開始の背景
近年、企業内情報システムの乱立と、そこに蓄積される情報も日々増加が問題となっており、ホワイトカラーが業務を遂行する上で適切な情報を迅速に発見し、活用することが求められています。
このため、多くの企業が、これらの課題を解決するエンタープライズサーチ製品の導入を検討しています。しかしながら市場には様々な特徴をもった製品が存在するため、自社の課題に最適なエンタープライズサーチ製品を見極めるのが非常に難しく、製品選定に時間とコストを費やしているのが現状です。

■ワークショップ詳細
2007年11月30日(金) エンタープライズサーチ選定支援ワークショップ開催
リアルコム セミナー情報にて詳細をご覧ください。

■リアルコム株式会社について
リアルコムは「人中心のエンタープライズコンテンツマネジメント」により、人・情報・ナレッジを有機的に結びつけ、企業を活性化します。そのために、ソフトウェアとコンサルティングを一体として提供し、経営課題解決につながるソリューション提供を実現しています。
リアルコムは今日までに株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社八十二銀行、ソニー株式会社、ファイザー株式会社、NTTソフトウェア株式会社、丸紅株式会社、三井物産株式会社など170社を超える優良企業の50万人以上のユーザーに活用されています。

採用企業・事例のご紹介

ホワイトペーパー『VISION』