ニュース・セミナー

現在位置
トップ > ニュース・セミナー > ニュース > 『ベンチャー企業と大手企業のアライアンスの意義』パネルディスカッションに谷本が参加します

『ベンチャー企業と大手企業のアライアンスの意義』パネルディスカッションに谷本が参加します

2007年10月 1日

谷本が、10月1日開催『ベンチャー企業と大手企業のアライアンスの意義』パネルディスカッションに参加します。このイベントは、情報化月間記念式典特別行事としてVenture BEAT Project http://v.japan.cnet.com/beatproject/ の主催で行われます。

「ソフトウエアビジネスにおけるベンチャー企業と大手企業とのアライアンス成功事例」
IT業界で生き残る為には常に変化の激しい市場を把握し、お客様に充分満足のいく製品・サービスや社会的な価値を継続的に提供できることが必須とされている。そういった環境において最近、大手企業とベンチャー企業のアライアンスが顕著にみられようになった。それはIT業界がもはや弱肉強食の時代でなく適者生存の時代であることを意味し、大手企業1社だけですべてを実現することは困難で、企業の枠を越えた複数企業の最適な連携(アライアンス)が必要とされているのが現状であろう。このセッションではIBM(グローバルの最大手IT企業)とリアルコム(ナレッジマネージメントソフトウエアのベンチャー企業)の実際の協業関係について、出会いから現在に至る経緯、2社の立場と思い、協業活動の実例、アライアンスのポイントそしてエピソードなどを深く追求し、その成功への『キモ』を明らかにする。さらにはベンチャーと大手企業との連携の社会的意義やベストなアライアンスが多く創出するコミュニティ(生態系)とはどのようなものかについて熱い本音ベースのディスカッションを行ってゆく。

日時:2007年10月1日(月)10:00~12:00
会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京 地下1階(プリズム)
〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33 TEL:03-3505-1111
主催:Venture BEAT Project
定員:116名
費用:無料
お申し込み方法:情報化月間2007内イベント紹介ページ(外部リンク)よりお申し込みください。