ニュース・セミナー

現在位置
トップ > ニュース・セミナー > ニュース > リアルコム、Notesユーザー向けのエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームリアルコム® HAKONE® V1.3をリリース

リアルコム、Notesユーザー向けのエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームリアルコム® HAKONE® V1.3をリリース

2006年9月12日

~Notesユーザー企業のニーズにマッチしたコンテンツマネジメントを提供~

リアルコム株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 CEO:谷本 肇 www.abalance.co.jp)は、Lotus Notes/Domino (以下、Notes)ユーザー向けエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームリアルコム® HAKONE® V1.3 (以下、HAKONE)を、2006年9月12日より出荷開始いたします。

HAKONE®はNotesユーザー向けのエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームです。Notes DBというNotes独特の枠組みにしばられることなく、閲覧ログやフィードバックから有用・不要な文書を抽出してライフサイクルマネジメントを実現し、情報品質を継続的に向上できるという特長を持っています。

現在、Notesユーザーの多くは旧バージョンのサポート終了やコンプライアンス意識の高まりにより、否応なくNotes更改を検討せざるを得ない状況にあります。しかし、ユーザーニーズがシステム刷新ではなく、エンタープライズコンテンツマネジメントであることは明らかです。そのような状況の中、HAKONEは効果がわかりにくいバージョンアップや、他プラットフォーム移行によって生じるリスクに悩むNotesユーザーの支持を集めています。

今回出荷を開始するHAKONE V1.3では、2004年4月の初版リリース以来、システム導入の経験から得られたノウハウを製品に反映しており、パフォーマンスの向上と文書マッピングの自由度向上を実現しました。標準価格は500名で790万円からとなっており、2006年度中に5,000名以上の大型案件を含む10社の導入を目指しています。

また、今回の出荷にあわせて、HAKONEの構成要素であるリアルコム® KnowledgeMarket® EnterpriseSuite®とリアルコム® Notes Watcher®についてもバージョンアップし、出荷を開始しています。これにより、HAKONEのレポジトリをNotesから切り離し、単独のエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームとして活用や、安定したログの取得が可能となりました。

■リアルコム® HAKONE® V1.3の概要
HAKONE®はNotesユーザー向けのエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームです。Notesの閲覧ログやフィードバックから有用・不要な文書を抽出してライフサイクルマネジメントを実現し、情報品質を継続的に向上できるという特長を持っています。
Notes DBというNotes独特の枠組みにしばられることなく、DB内の文書をHAKONEのマトリックスビュー機能により2次元にマッピング。コミュニティフィルタとマトリックスビューを通して、自分に関連のある文書をDB横断で絞り込むことができます。分類には、新たに独自のタグを付けることも、Notes文書の特定フィールドの値を使用することも可能です。

■リアルコム® KnowledgeMarket® EnterpriseSuite® V3.5の概要
KnowledgeMarket® EnterpriseSuite®は、IBMプラットフォームに対応。IBMとの協業の元、DB2およびWebsphereブランド製品をメインプラットフォームにすることでさらなる大規模要件に対応可能となりました。
HAKONEの機能のうち、Notes連携を除くすべての部分を利用できるため、Notesを導入していない企業においても、導入機運が高まりつつあるエンタープライズコンテンツマネジメントプラットフォームとしてご利用いただけます。例えば、Notesを残さずすべての文書をEnterpriseSuite®に移行したいというニーズに対応するため、リッチテキスト編集機能を強化しました。また、従来からの「人中心」のコンセプトの延長線上として、組織を擬人化して文書の「組織投稿」を可能とし、部門発信文書の管理ニーズに対応しています。

■リアルコム® Notes Watcher® V1.3の概要
Notes Watcher®は、前バージョンからさらなる安定度の向上を実現しました。
Notes Watcherは内部統制強化に伴うセキュリティー需要の高まりで、販売は好調に推移しており、2006年8月時点で累計175ライセンスを突破しました。

■発表概要
製品名称:リアルコム® HAKONE® V1.3
標準価格:最小構成500名790万円(税別)~
製品名称:リアルコム® KnowledgeMarket® EnterpriseSuite® V3.5
標準価格:フルモジュール500名860万円(税別)~
製品名称:リアルコム® Notes Watcher® V1.3
標準価格:Windows版Dominoサーバーあたり60万円(税別)~
出荷開始日:2006年9月12日(火)
販売:全国のリアルコム パートナーならびにリアルコム株式会社
動作環境:最新情報は随時 http://www.abalance.co.jp/software/hakone_index.html に掲載されます。

■製品紹介ページ リアルコム® HAKONE®

■リアルコムについて
リアルコムは「人中心のエンタープライズコンテンツマネジメント」により、人・情報・ナレッジを有機的に結びつけ、企業を活性化します。そのために、ソフトウェアとコンサルティングを一体として提供し、経営課題解決につながるソリューション提供を実現しています。
リアルコムは今日までに株式会社三菱東京UFJ銀行、ソニー株式会社、ファイザー株式会社、三井物産株式会社など150社を超える優良企業に採用されており、専業ベンダーNo.1の実績を上げています。