会社情報

現在位置
トップ > 会社情報 > 沿革

沿革

2000年 4月 インターネット上での知恵の交換サイトの開発・運営、企業向けナレッジマネジメントシステムの開発及びコンサルティングの提供を目的として、資本金1,050万円で東京都世田谷区に「株式会社リアルコミュニケーションズ」を設立
2000年 5月 インターネット上での個人間(CtoC)の知恵の交換サイト「Kスクエア」オープン
日本にて会社登記(当時社名リアルコミュニケーションズ)
8月 本店を東京都千代田区に移転
10月 企業向けKMソリューション「Realcom® KnowledgeMarket®」第一号顧客稼動開始
2001年 2月 社名を現在の「リアルコム株式会社」に変更
2004年 4月 Notes/Dominoと提携した「HAKONE for Notes」を開発、販売開始
企業向け事業に資源を集中するため、「Kスクエア」サイト終了
8月 Lotus Notesの文書アクセスログを取得する「Notes Watcher」を開発、販売開始
2005年 2月 本店を東京都台東区に移転
2006年 2月 米国での販売・サポート及び次世代製品の企画開発を目的として米国子会社「Realcom Technology, Inc.」を設立
2007年 3月 Notes/Dominoユーザー向け「Google Notes検索ソリューション」の提供のため、米国Google社と提携し「GSA Extender for Notes」を開発、販売開始
5月 Software Innovation Laboratory(SIL)を設立、シリコンバレーでR&D型インキュベーション事業を開始
6月 企業、個人向けRSS情報収集サービス「SocialFeed」を開始
ファイルサーバーの機能向上を実現する「FileServer intelligent」を開発、販売開始
9月 株式会社東京証券取引所マザーズへ上場
2008年 1月 「FileServer intelligent」の開発、販売中断及び「Notes Watcher」の単体での販売終了
3月 米国子会社「Realcom U.S., Inc.」を設立
4月 子会社Realcom U.S., Inc.が米国でナレッジマネジメント事業を営む「AskMe Corporation」の同事業を買収
10月 AskMeのインド拠点を「Realcom Technology India Private Limited」として子会社化
2009年 1月 「Realcom U.S., Inc.」が「Realcom Technology, Inc.」を吸収合併
10月 SharePointユーザー会「ビジネス・プロダクティビティ研究会(BP研)」活動開始
「Abalance® AskMe Enterprise™ 9」提供開始
2010年 1月 SharePointワークフロー製品「Nintex Workflow」販売につき、Nintex社と販売代理店契約締結
2011年 3月 「Realcom U.S., Inc.」が特定市場におけるAskMe事業を譲渡
6月 「Realcom U.S., Inc.」がAskMe事業(特定市場を除く)を譲渡
「Realcom Technology India Private Limited」の事業を譲渡
11月 当社を株式交換完全親会社、WWB株式会社を株式交換完全子会社とする株式交換を実施
2012年 5月 本社オフィスを浅草橋から天王洲アイルへ移転
2013年 2月 当社完全子会社であるWWB株式会社が合弁会社 常陽パワー株式会社を設立し、売電事業に参入
8月 当社完全子会社WWB株式会社が建設業免許を取得し、建設業へ参入
2017年 3月 社名を現在の「Abalance株式会社」に変更